勃起障害の原因

勃起障害になる原因は大きくわけると5つのカテゴリに分けられます。

心因的要因

緊張や不安など、心に何らかのストレスがかかっていることによって起こるED症状です。

最近は特に心因的要因によるEDが増加しており、20代~30代の若い男性の悩みのタネとなっています。

ただ、原因さえわかれば問題が解消しやすいため、適切なケアを行えば短期間で回復する可能性は高いと言えます。

加齢

勃起には男性ホルモンの分泌や血行、中枢神経などさまざまな機能が関わっているため、体の機能そのものが衰えると勃起力も低下してしまいます。

実際、50代後半になると約半数の人がEDになるというデータが報告されており、EDも老化現象のひとつに数えられると言えるでしょう。

病気、症状

EDの多くはストレスや加齢によるものですが、まれに特定の病気や症状が原因で勃起障害を起こす人もいます。

たとえば陰茎折症や白膜骨折、海綿体断裂などの症状がある場合、たとえ性欲があっても物理的に勃起することができません。

病気が原因の場合、精力剤などを使用してもEDを改善することはできないので、医療機関で適切な治療を受ける必要があります。

生活習慣

ストレスや年齢、病気など他の条件が当てはまらないのに勃起できないという場合、日々の生活習慣が原因となっているケースも考えられます。

たとえば過度な飲酒や喫煙、睡眠不足、食生活の乱れなどは、長期間続くと精力にも悪影響を及ぼす可能性大なので、心当たりのある方は一度生活習慣を見直してみることをおすすめします。

薬などの副作用

病気やケガなどの治療で医薬品を常用している場合、その薬の副作用で勃起不全になることがあります。

もちろん、副作用は誰にでも起こるわけではありませんが、薬を服用し始めたら突然勃起できなくなったという場合は、薬の影響を疑ってみた方がよいかもしれません。

勃起障害(ED)の原因 関連ページ


※現在ご覧のページは、勃起障害(ED)の「原因」のページです。