• →高麗人参の効果
  • 高麗人参の摂取量
  • 高麗人参が精力増進に効果的な理由

    高麗人参にはサポニンやミネラルといった栄養素がたっぷり含まれており、さまざまな効能を期待できます。

    血行改善で勃起力アップ

    高麗人参には「ジンセノシド」と呼ばれる有効成分が含まれています。

    ジンセノシドは抗酸化物質や多糖類、ビタミン、脂肪酸など10種類以上の成分が合わさった混合物で、体内では血管を拡張するはたらきがあります。

    血管が広がると血のめぐりが良くなり、勃起力が高まって精力減退や中折れなどの悩みを解消することができます。

    EDの悩みも克服

    2002年、韓国でED患者に対し、1回900mgの高麗人参を1日3回、16週間にわたって摂取してもらうという実験が行われました。

    その結果、高麗人参を毎日摂取した人は全体の6割が勃起に成功した上、ペニスの硬さ、持続力ともに大きくアップしていたことが確認されました。

    高麗人参のED治療効果についてはいろいろな説がありますが、ジンセノシドまたはパラキシノシドのどちらかが勃起に必要な一酸化窒素の生成を増加させるのではないかと推測されています。

    ストレスの緩和

    EDの原因はいろいろありますが、近年はストレスからくる心因性EDに悩まされている男性が増えてきています。

    高麗人参には、ストレスから受けるショックを和らげてくれる副腎皮質ホルモンの分泌を増加させるはたらきがあり、現代病ともいわれる心因性EDを予防してくれます。

  • 高麗人参の効果
  • →高麗人参の摂取量
  • 高麗人参の摂取量

    高麗人参は医薬品ではありませんが、効き目の強い漢方・生薬成分として認可されているため、大量に飲みすぎると副作用を起こす可能性があります。

    主な症状としては、口の渇きや吐き気、下痢、不眠などですが、2001年には20代男性が250mg配合の高麗人参サプリを1日3回摂取したところ、躁状態になったというケースが報告されています。

    サプリの摂取をやめたとたん、症状は消えたようですが、過剰摂取は思わぬトラブルを引き起こす原因になるので、決められた量を守って服用することが大切です。

    なお、高麗人参を精力増強・滋養強壮の目的で使用する場合、1日の摂取目安量は1.5~5gとなっています。

    ただ、これは高麗人参を煎じて飲む場合の話で、高麗人参のエキスを凝縮したサプリメントの場合は、100~900mg程度に抑えておいた方がよさそうです。

    高麗人参 関連ページ


    ※現在ご覧のページは、精力を増進する成分の「高麗人参」のページです。