• →L-シトルリンの効果
  • L-シトルリンの摂取量
  • L-シトルリンで精力増進する理由

    L-シトルリンの精力増強効果は大きく分けて4つあります。

    勃起力の向上

    L-シトルリンには、体内で一酸化窒素(NO)の生成をサポートするはたらきがあります。

    NOは男性が性欲を感じた時に生成される物質のひとつで、NOが血管細胞に入るとcGMPと呼ばれる化学物質が合成されます。

    すると海綿体平滑筋が弛緩し、ペニス内部の血管が拡張。その結果、血液が大量に入り込み、勃起が起こります。

    つまりNOは男の人が正常に勃起するプロセスに欠かせない成分であり、そのNOの生成を助けるL-シトルリンは勃起力の向上に役立つ成分と言えるでしょう。

    成長ホルモンの増加

    L-シトルリンには体内で成長ホルモンの分泌を促すはたらきがあります。

    成長ホルモンの中には性欲を司る男性ホルモンも含まれており、ホルモンが増加することで性欲を感じやすい体になります。

    筋肉の増強

    勃起はペニスに入り込み血液の量によって硬さや大きさが決まります。

    血液は心臓から送り出された後、筋肉のポンプ作用によって全身を循環しているため、筋肉量が低下するとスムーズに勃起できなくなります。

    L-シトルリンを摂取すると、成長ホルモンの影響で筋肉が作られやすくなり、下半身の強化につながります。

    疲労回復

    L-シトルリンは筋肉増強のほかに、疲労をすみやかに回復するはたらきもあることから、アスリートたちも好んで愛用しています。

    実際、運動の1時間前にL-シトルリンを摂取してから筋力トレーニングを行った結果、反復回数がアップした上、運動後の筋肉痛が48時間後で約37%も軽くなったという結果が報告されています。

    さらにマウスを使った実験でも、シトルリンを投与したグループとそうでないグループでは、疲労するまでの水泳時間が約1.7倍も伸びたほか、持久力の向上も確認されました。

    年齢を重ねると体力が落ち、セックスの回数や時間が減ってしまうところですが、L-シトルリンを補給しておけば、疲れ知らずのひとときを楽しめそうですね。

  • L-シトルリンの効果
  • →L-シトルリンの摂取量
  • L-シトルリンの摂取量

    L-シトルリンはもともとスイカから発見された天然アミノ酸なので、1日の摂取量はそれほど厳しく定められていません。

    ただ、L-シトルリンの精力増強効果を実感するためには、1日あたり800mg摂取するのが効果的のようです。

    スイカには100gあたり約180mgのL-シトルリンが含まれているので、1日に600gのスイカを食べれば十分な量のL-シトルリンを補給できます。

    ちなみに600gのスイカというと、三角形にカットしたスイカの可食部がおよそ200g程度なので、3切れのスイカを食べればOKです。

    ただ、スイカは夏場にしかあまり出回らない果物なので、普段はL-シトルリン配合のサプリメントなどで摂取した方が効率が良さそうですね。

    L-シトルリン 関連ページ


    ※現在ご覧のページは、精力を増進する成分の「L-シトルリン」のページです。